もよごーどん

たのしい時間、幸せな瞬間にあふれる人生を追い続ける。

【サバゲ―(?)】メンヘラマスター旦那くんの神対応(前編)

もよです。

今週もサバゲ―へ行きました。

朝から大胆に機嫌を損ねた私のことを、メンヘラマスターの旦那くん神対応してくれたおかげでなんとかいい感じに1日を過ごすことができました。

 

ちなみに旦那のことを軽く紹介しておきますと、

  1. 週刊少年ジャ〇プに連載されるマンガの主人公キャラの平均を取り、ド〇ゴンボール要素をちょっと強めたような人を想像していただければ、9割くらいは合ってます。
  2. かめ〇め波は打てませんが、バク転やロンダート宙返りができます
  3. 持ち物が大体赤い
  4. 筋肉が親友

 

前編:

  • もよ、機嫌損ねて絶望的な気分で車に籠る
  • 至近距離での射撃、規定ギリギリの弾速のエアガンには気を付けましょう
  • メンヘラマスターの初動

どうぞ。

発端はレンタカー屋のゆったり対応

まあ、そもそも不機嫌の理由を作ったのはメンヘラマスターである旦那くんである。

レンタカー屋に朝イチで行ったのに手続きにかなり時間がかかった。

 

道中2時間、文句・暴言・悪口ばかり。行動も運転も全部が荒い。

全力の貧乏ゆすりと共に「あ゛ぁ最悪」「マジ腹立つ」「クソだな」。

いくらなんでもイライラしすぎだ。

 

サバゲ―楽しみすぎて、朝めちゃくちゃ早起きしたツケがきてるぞ旦那くん。

なだめても何しても効果が無い。

助手席の嫁、根拠のない気分だけで発せられる暴言聞くのが大嫌い

 

暴言を2時間ほど聞いた後の1戦目で心が折られる

イライラしながらも、やっぱりサバゲ―は楽しみたかった

先週がすごく楽しかったからね!!!

 

moyolog41.hatenablog.com

 

到着して知り合いと顔を合わせると旦那くんの調子も戻って笑顔。

「私は全力でいま不機嫌だけどな!?」と思いつつも一安心。

 

準備して、いざゲーム1戦目。

撃たれたらセーフティエリア(待機場所・戦闘できない)に戻り、10秒数えたら再出発してOKというルール。

今回もガスブローバックのハンドガンで挑む。

 

合図とともにフィールドへ入ると、

まず階段を上る途中で後ろから

「ごめんねー」と言われながら撃たれ、退場

 

早っwwww次は頑張ろう、と思いつつ

セーフティへ戻り10秒数える。

 

再出発、

扉をあける、

銃を構えて扉のむこうを見る、

 

撃たれる。(2回目)

 

!?!!!!?!???????

 

目の前にいた

至近距離すぎて悶絶する痛さ。

バッチリ太ももにアザつくりました。

 

痛さ怖さでビビりつつ、再チャレンジするが、

また撃たれた。(3回目)

 

次は目の前に2人いた。

痛い痛い痛いから至近距離射撃やめて

電動サブマシンガン

ド素人の私に至近距離射撃はマジやめて

 

これ、この扉の外出られなくない?え???

 

楽しみだったサバゲ―、道中でものすごく気分を悪くした上に、一戦目で一歩もフィールド内を楽しむことができず恐怖と怪我を負って、終了。

 

心「ポキッ」

 

旦那くん、嫁の機嫌直すため車を走らせる。

イライラ最高潮からの、

サバゲ―一戦目で至近距離射撃×3回。

 

完全に心も折られ、これは人と一緒に過ごして良い精神状態じゃないぞと判断して車内に避難。

異変察知して旦那、数回見に来る。

ゲーム行っておいで~と、跳ね返す。

 

(※あとから話してみたら、参加者の1人が規定値ギリギリの弾速で撃てるエアガンを使っていたらしい。その人からの射撃は遠くからでもかなり痛かったとのこと。規定違反はしていないから何も言えませんが、そういうエアガンを至近距離射撃の可能性が高いような狭めの屋内フィールドで使うのはどうなのかなと個人的には思いました…。屋外と屋内じゃ射撃の距離感、だいぶ違いますからね。皆が楽しくできるような配慮は必要ですね。)

 

すると旦那、しばらくするとゲームを抜けてくる。

運転席に乗り込んできて「マック行こう」とエンジンかける。

 

おおっ!!

朝早起きしてしまうほど楽しみにしてたサバゲ―抜けて、

嫁の機嫌復活を図りに来た!!

それも話しかけた内容が「どうしたの」ではない。

「マック行こう」という一言、ポイント高い。

 

この場で事情聴取されたところで話す気分にはならないこと、しっかりわかっている。

 

このメンヘラマスター、恋愛相談を受ける機会がそこそこ多い。

その上、混乱している相手方への対応方法が非常にスマートである。落ち着かせて正常な判断力を取り戻させ、良い方向へ話が流れるようコントロールする能力を持っているのだ。

 

それゆえ、嫁の不機嫌対応なんぞ朝飯前である。

 

 

さあ、ドライブの始まりだッ!

(後編へ続く)