もよごーどん

たのしい時間、幸せな瞬間にあふれる人生を追い続ける。

【学生結婚】お金をかけずに入籍した私の超節約婚の中身

もよです。

大学4年、卒業を控えた1月に入籍をしました。

当然のことながらまだ社会人ではないため、大したお金もないまま入籍しました。

f:id:moyolog41:20170618204001j:plain

結婚=お金がかかる

というイメージが一般的なのでしょうか?

私は全くお金はかけずにこの人生の一大イベントを通過しました。

 

実際に何にお金を使い、何に使わなかったかをご紹介します。

 節約しちゃったもの

その① 指輪

ゼクシィ結婚トレンド調査2016年版では、婚約指輪の平均価格は35.9万円結婚指輪の平均価格は、2つ合わせて24.3万円という結果に。結婚指輪より婚約指輪の方が高く、その差は約1.4倍

婚約指輪と結婚指輪の値段はいくら?2つの指輪の価格差|婚約指輪と結婚指輪の基礎ならゼクシィ

 

私たち夫婦2人が指輪にかけた額、

2万円です。(笑)

 

まず、結婚をしようという話が出てから入籍までがとても早かったので婚約指輪は購入しませんでした。

 

結婚指輪については、

「そんなお金はない」

  ↓

「っていうかペアリングでさえうっかり無くした経験が数回あるから怖い」

  ↓

「しかし新しい指輪は欲しい」

  ↓

「安物ペアリングで良くない?」

と、高校生カップルでもアルバイトをしていれば余裕で購入できるような安くてシンプルなペアリングにしました。

 

10年、20年と、ずっとこの指輪を使い続けるつもりはありません。

どちらかが指輪を無くした時や、数年後に新しく欲しくなったら、

「その時にまた一緒に選んで、買い直そう!」

ということにしています。

 

高価な結婚指輪ではなく、あえて安価なペアリングにしたメリットは

  • 紛失を恐れず気楽に身に着けられる
  • 数年おきに、いろんなデザインを楽しめる
  • むしろその数年後に選びなおすのがちょっと楽しみ
  • 無いよりあったほうが既婚者だと伝わって便利

 

『結婚のために生活を切り詰めて、長期間ギリギリの生活をする』

『高価な指輪にこだわらず、自分たちが無理せず出せる金額で選び、普通の生活をする』

 

この二つを天秤にかけ、後者ほうが幸せだなと判断しました。

 

その② 結婚式

してません!!!!

 

これについては夫婦ともに「特に結婚式に対する憧れが無い」というところが一番影響しました。

親戚関係との関わりがあるから「しなければならない」という方も中にはいらっしゃるのかなと思います。私たちにはそのような事情も無く、準備にかかる時間や費用のことを考えると「できればやりたくない」という意見で一致。

 

今後なにかチャンスがあっても、しないと思います。

 

その③ 新婚旅行

これについては、「しなかった」より「できなかった」という理由が強いです。

10月:内定式

   入籍の話が浮上

11月:双方の顔合わせ、入籍決定

12月:ウエディングフォト撮影

1月:入籍

2月:4年間続けてきたアルバイトの最後の繁忙期

3月:内定先の入社前研修(週5フルタイム)

    引っ越し

4月:新社会人

 

と、いうスケジュールだったので、

新婚旅行はおろか大学の卒業旅行も行ってません。

その分のお金がすべて引っ越し費用にまわった感じとなりました。

 

お金をかけたもの

その① ウエディングフォト

入籍が決定したあと12月に、ウエディングドレス白無垢で写真撮りました。

21歳で結婚したその瞬間の姿を10年後、20年後に

「若ッ」とかいいながら見返したいっていう理由で撮りました。

 

ドレス、白無垢、両方を着て、データをすべて買いました。

友人の紹介で割引をしていただき、10万円ほど。

結婚式も、新婚旅行もしなかったので、唯一これだけはしっかりやろうと決めてお金をかけました。

f:id:moyolog41:20170618204226j:plain

 

その② 引っ越し

これは必要経費ですね…。

学生時代は離れて住んでおりましたが、もともと社会人になったら同棲しようという計画だったので。荷物量も少なく、距離もそう遠くないところへの引っ越しだったので実家の車で済ませました。

 

家具は全く揃っていなかったのでイチからすべて買いました。

これが大変だった…。

1年前に売られていた型落ちした中古家電や、

美品だけどやはり中古や訳あり商品という形で売られてる家具など

なるべく費用を抑えられるように探し回りました。

 

洗濯機だけは新品が良いなと思って、奮発。

旦那君の強い希望で寝具もちょっとこだわりました。

 

その③ 内祝のお返し

ありがたいことに多くの方々からお祝いをいただきました。

通販サイトを利用して内祝いのお返しを後日贈りました。

のし紙や、包装紙など選べて素晴らしかった。インターネット便利すぎる。

 

まとめ:金がなくても結婚はできる。

結婚指輪を買わずとも、結婚式を挙げずとも、

「婚姻届」を提出すれば結婚はできるんです。

 

何度も経験できるイベントではないので大切にしたい、良い思い出づくりにしたいという人もいるかもしれません。

そのような方は、しっかりとお金を準備し、計画を立て、素敵な結婚というイベントを楽しむべきでしょう。

 

でも私たち夫婦はそれを選択しませんでした。

  • 「家族」という形で社宅に入居すること
  • 私の苗字変更手続きを入社時までに終えること

この二つが最重要項目だったから、だと思います。

 

形式的すぎてもったいない、という意見もあるかもしれませんが、

こういう形をとったからこそ、数年後にペアリングをもう一度一緒に選ぶのが楽しみだったりもします!

 

一つの形として、ご紹介させていただきました。

若くてお金がない状況の誰かが、素敵な結婚をできますように。