Moyo Go&Done!

もよの脳みそ、てんこ盛り。

MoyoGoDone

「昨日3時間しか寝てないんだよねぇ」について。

「昨日3時間しか寝てないんだよねぇ」

 

あぁ、寝てない自慢お疲れ様です。

理由は?と聞いて「ゲームやりすぎた」なんて返ってきちゃったらもうそれはよく言う日本人特有の体調不良自慢ってやつです。うっかり「俺、もっと短いよ!2時間くらい!」なんて返しちゃったら仲間。外国でそれやったら、単純に自己管理能力の低さを証明しているだけになるぞ、とか言われちゃうやつです。

 

じゃあ、理由は?と聞いて

「上司から急に押し付けられた仕事の期限が迫っていて、寝ずにやらないと終わらないボリュームだから必死に処理しているんだ」だったらどうでしょう。

 

それは

  • だからもう他の仕事は私に回さないでください。
  • 余裕が合ったらこの仕事を手伝ってください。
  • せめて今日だけは厳しいことを言わず、優しく接してほしい。
  • 誰か褒めて。

といういろいろな感情を伝えたい、伝えたいけどこれらを全部細かく伝えていられるほどの暇もないし頭もまわらない。せめて自分の現状だけ説明しとけ!!!!!

という結論から導かれた「昨日3時間しか寝てないんだよねぇ(死)」なのではないかと思う。

 

同じ言葉なのに言ってる状況が違うだけで、これだけ中身は変わる。

 

ちなみに後者のパターンで「3時間しか寝てない」ということを伝えたにもかかわらず、前者のパターンだ!と勘違いして受け取って

「自己管理がしっかりできてないから仕事も遅いんだよお前はwwwww」

というクソみたいな反応を返す人というのが本当の馬鹿である。

 

たぶん全人口の3割くらいはこういう人だから気を付けろ。

なんなら気づかないうちに自分が該当しちゃってることもあるだろうから、そういう意味で。

 

 

3つ目のパターン

ここまでパターンを2つ紹介した。

 

パターン①
体調不良を訴えることによって、自己管理能力の低さを知らしめていることになっちゃっている人。

パターン②
体調不良を訴えることによって、配慮や手助けなどの現状理解を求めている人。

 

んで、体調不良を訴える人の中にもう一つパターンがある。
いわゆるメンヘラである。

 

※ちなみにここで言うメンヘラは「きちんとした病気(たとえば鬱病などの診断を精神科でもらっているとか)が理由である人」を含まないしっかりメンタルの病気にかかっている人にとっての体調不良の訴えは、完全に②のパターンに該当するって私は思ってる。

このページで想定しているメンヘラの定義は「精神年齢が17歳女子高生の健常者で、ほぼすべての行動理由が寂しさに起因する人」のことである。

 

 

パターン③メンヘラの具体例

メンヘラの場合、以下のような感じになる。

「昨日3時間しか寝てないんだよねぇ(だからすっごくいま眠いの、ねえ誰かわたしにちゃんと寝なさいって言って?しっかり寝るんだよーとか声かけて?なんなら寝落ち通話とか誘ってくれたら最高なんだけど誰かいない?)」

 

これ。

下心満載である。

 

 

これをtwitter等のSNS上で、つぶやいているだけならば特に問題はない。なぜならtwitterでつぶやくだけなら「つぶやき」であって、特定の誰かに対するメッセージではないから。

 

補足:twitterの使い方についての考察 

twitterには、いろんな使い方があると思う。

  • 発信ツールとして使う
    誰かのためになる情報を発信することで、フォロワーを増やしたり、自分のサイトへのアクセス、自分の会社の知名度をUPするなどの戦略的な使い方。
  • コミュニケーションツールとして使う
    ユーザーと特定のテーマに関するツイートを通じて交流する。音楽、映画、アニメ、イベント、趣味、その他さまざまなものについて話題を共有できる相手とコミュニケーションを取る。
  • 好き勝手に自分の思う事をつぶやくだけ
    誰かに発信をする目的や、コミュニケーションを取る目的は一切ない。その時思ったことを、ひっそりと吐き出すことによって自分のストレスを軽くしたりする目的で使う。
  • つぶやかない
    見る専の人も結構いるよね。

さすがに発信ツールとしてtwitterをやっている人がメンヘラツイートするのはどうかと思うが、これだけ多様な使い方があることを考えれば別にどんな内容の発信であれ構わないと個人的には思う

 

※どんなツイートもある程度OKって思うけど、唯一、特定の個人に対する誹謗中傷についてはその個人を名誉棄損で訴えることができてしまうので(ガッツリtwitterサーバー上に証拠残っちゃいますからね。)あまりお勧めしません。最近そういう事例、増えてきましたね。

 

 

相手を選べ

具体例を、もう一度見てみよう。

「昨日3時間しか寝てないんだよねぇ(だからすっごくいま眠いの、ねえ誰かわたしにちゃんと寝なさいって言って?しっかり寝るんだよーとか声かけて?なんなら寝落ち通話とか誘ってくれたら最高なんだけど誰かいない?)」

 

このような下心満載の発言を「個人のLINE」「twitterのDM」など、ダイレクトに1対1のコミュニケーションを取るツールでやってしまうタイプの人間がいる。性別・年齢に関係なく一定数いる。

 

これについては、絶対にダメとは言わないが「相手を選べ」と思う。
なぜなら、高確率でこのような発言は恋愛対象である性別の人間に向けられることが多いから。

 

OKな相手

  • 恋人がいない人
  • 恋人はいるが、まだ独身である人

NGな相手

  • 既婚者

 

恋人がいてもいなくても、相手が独身ならOKだと思う。それは、法律によって縛られたような関係性のカップルではないからである。そのカップルの平穏を壊したからといって、特に問題は生じない。

 

しかし相手が既婚者の場合、最悪の場合その家庭を壊す結果に至る。
メンヘラによる言動によって家庭が壊されたら、民事裁判や慰謝料請求という話が浮上する可能性が当然に出てくる。 

いやいや、離婚っていうのは夫婦の話であって、第三者のメンヘラが何をしようが勝手でしょ?って思ったあなた。典型的な「害悪を持ち込むウザい人」の思考回路です。 

 

 

「夫婦の信頼関係を外部からの行動によって壊す」

というのは、刑法には引っかからないけど、民法には引っかかるわけです。 たとえば夫婦関係が壊れた結果、ダメージを受けた当事者が心療内科を受診しうつ病と診断されたら、夫婦関係を壊すきっかけを作ったメンヘラに対して医療費を支払えという請求をしようと思えば簡単にできちゃう

 

人の幸せを壊すのが楽しいとか、

他人の人生を壊してでも自分の幸せを掴みたいとか、

お金はたっぷりあるから訴えられても平気とか、

 

まあ、そういう人はどうしようもないと思うけどね。クズだなぁ、っていう印象を周りに植え付けて去っていくのでしょう。

 

 

体調管理が苦手なあなたへ

世の中には大人になっても自分の体調管理ができない人がいる。

っていうか、たぶんほとんどの人がそうである。

  • 鬱病になってしまっていることを自覚できない。
  • 不機嫌の原因が体調不良であることに気づかない。
  • 大好物の食べ物がマズく感じた時に、自分の体調不良を疑わない。
  • 睡眠時間や食事量を覚えていない。
  • 体調が悪いことに気づかぬまま、誰かに当たり散らしている。

 

とりあえず、食べること・寝ることに重点をきちんと置いてみてはいかがだろうか。

あなたの精神状態が悪いのは環境や出来事のせいではなく、「睡眠不足」「栄養不足」のどちらかがきっかけであると考えてみてほしい。

 

これに加えて考えてほしいのは以下のとおり。

  • 女性なら月経周期によるホルモンバランスの変動
  • 気圧変動による体調への影響
  • 日々の運動量

 

体調不良自慢をしちゃうあなたも、体調不良をきちんと状況として説明できるあなたも、自分が害悪まき散らしてるタイプのメンヘラであることに気づいていないあなたも、その体調不良や気持ち悪さの理由は、大体このへんに集約されてるはずだ。

 

食べて、寝て、天気予報をチェックして、買い物の時くらいは歩こう。